不動産投資とFX,株式投資ではどちらが副業に向いているでしょうか

本業と他に収入を得ることが出来る副業は魅力的です。
ですが、本業に差支えがあるような場合は就業規則で禁止されており、副業を始める場合には注意が必要です。
会社にもよりますが、FXや株式投資や不動産投資であれば資産運用の範囲内とされることが多く始めやすいです。
ではどちらの方がより始めやすいか考えてみます。
FXや株式投資は少額からでも始められます。
もちろん少額であれば、収益は少ないし、取引方法によってはレバレッジをかけることが出来ますが、そうすることでリスクが高くなります。
しっかりとした知識とメンタル管理ができていなければ一瞬で大金を得ることも失うこともあります。
売買のタイミングなどを知るために経済情勢にアンテナを張り続ける必要があります。
不動産投資はどうでしょうか。
アパートやマンションの賃貸経営をしたとします。
物件にもよりますが、多くが多額でローンを利用することになると思います。
不動産投資ではローンは組むことをレバレッジに例えられます。
FXや株式投資ではリスクにとらえられがちですが不動産の場合は大きなメリットになります。
自己資金以上の物件が買えるだけでなく、賃貸物件であれば毎月の家賃収益から返済が可能です。
金利が低くなったことから数年前は融資対象となりにくかった築年数が長い中古物件に融資する銀行も出てきています。
購入の際には頭金を入れるのが常識のようでしたが、最近はフルローンも可能で、今は借りる側には良い状況です。
当然、購入時期が早ければ返済も早く終わります。
購入物件の見極めは慎重にしなければならないので、購入までには時間がかかります。
ですが、購入したあとは信用できる不動産会社に空室補償や家賃保証を依頼し、リスクを抑えることができます。
運用がうまくいけば、定年後には複数の賃貸物件の家賃収入があり年金に頼らない悠々自適な生活をすることもできます。
また一般的にリスクが低い投資とされています。
株や為替レートが急落したと言うニュースは頻繁に耳にしても家賃相場が一日で急落したなどと言うニュースは聞いたことがありません。
大きな収益を一瞬でつかむことはできませんが、長期にわたって安定した収益が得られるはずです。
すぐに収益に繋がればよいのですが、赤字になってしまう場合もあります。
その時は確定申告で給与所得と不動産所得で損益通算することができます。
合計所得が税金が還付される場合があります。
今の金利・経済情勢、リスクの低さを合わせると始めやすいのは不動産投資の方です。

投稿日: