副業として安定した収入が見込める不動産運営や投資について

昨今本業の収入が減っている人が多くいます。
ですから副業を考えられる方が大勢いらっしゃいますが、中々うまくいかないという話もあるため、副業をしているけど実際には儲かっていない人がほとんどです。
どうせやるならば、無理のない副業をやっていきたいものです。
皆様は土地を所有されていますか?折角の土地なんですから、利用しないと損でしょう。
なぜなら所有しているだけで固定資産税がかかりますし、かといって安易に売却すれば翌年の税金に跳ね上がります。
ですから、税金を考えながら適切に土地運用をやっていくことが望ましいと思います。
具体的な手段として考えられるのは、コインパーキングや賃貸運営です。
一番いいのは業者にお任せすることで、昨今の業者さんは隅々までやってくれます。
ですから、収入だけ安定して入ってくるのが大きいといえます。
就業規則で副業が禁止の場合も、オーナーを奥さんか親にすればいいだけなので、リスクも小さいのでおすすめです。
また、大きな土地を所有されているならば、チェーン店との契約をやるのも望ましいです。
いい場所ならば確実に大きな収入になりますし、下手に土地を得るよりも収入が望めて、一種の年金代わりになるという大きな強みがあるでしょう。
とはいえ、あくまでそれは土地をたくさん持っている人限定ということになります。
それでは土地がなければできないのかということになりますが、実際にはそんなことはなく、不動産投資というのも魅力的な副業の一つです。
具体的な寳保としては、1000万円のマンションルームを頭金500万で購入するという物で、家賃が12万とします。
そうすると、毎月12万円の収入が入ってきます。
ローンがひと月10万なら、毎月2万円の収入になって大きな収入源になります。
単純計算で50か月後は、毎月10万のお金が入ってくることを考えると大きなことだといえます。
この不動産投資の例は都心ですが、あえて地方を狙うという手段もあります。
それは、中古の木造アパートを狙うという手段で、大きな強みは固定資産税や維持費が安いということです。
ですから、利益を出しやすいという強みがありますが、ある程度見ておくことが重要です。
そういった場合も、信頼できる業者に相談してみましょう。
この様に、不動産を最大限に活用すれば副業として大きな利益を出すことができます。
まずは、業者さんや信頼できる人に相談してうまくやっていくことがお勧めです。

投稿日:

タイミングと手法が、不動産の値引き交渉の鍵を握る

不動産の値引き交渉は、タイミングと手法が成功の鍵を握っています。
そして値引きをするかどうかの判断を行うのは、仲介役の不動産会社の担当者ではなく、その先にいる売り主であることを理解しておきましょう。
更に考え方としては、自分が売り主という逆の立場になって考えてみることです。
すると、自然と値引きしてもいいかなという理由や、そうなる気持ちの変化について想像できるようになって来るでしょう。
値引き交渉を行うということは、その不動産が気に入ったからです。
そのため、対象となる不動産の粗を探して、それを交渉材料として持ち出すのは、あまり得策ではありません。
しかし値引きする理由を探すとなると、やはりマイナスと思われるポイントを指摘する必要もあります。
ここで注意したいのは、粗、マイナスポイントをこちらから積極的に指摘しないことです。
契約の約束が取り付けられるまでは、基本的に、買い主と売り主が直接会う機会はほとんど無いでしょう。
交渉、連絡業務は、仲介役の不動産会社が行います。
そこで、まずは不動産会社との良好な関係を築き上げてください。
あといくら値下げしてくれれば購入できるんだけどな、ある部分がどうしても気になって、現在の価格では購入する一歩が踏み出せないといった感じで、
仲介役に相談するスタンスで話をしてみましょう。
不動産会社もビジネスとして仲介業務を行っています。
したがって、あと一歩で交渉が成立するという見込みが立った場合、何とか契約まで持ち込みたいと考えます。
そこで交渉が不成立となれば、これまでの労力が無駄となってしまいます。
あと一頑張りすれば契約が取れる、そういう気持ちに担当者がなってくれれば、こちらが直接的な言葉で値引きを提案しなくとも、売り主に値引きの提案を持ちかけてくれるはずです。
あくまで仲介役の目から見ての判断、その上で売り主様にアドバイスさせていただきます。
売り主もこのような形でアドバイスされれば、値引きについて改めて、真剣に考えてくれるでしょう。
買い主候補が提案したのではなく、仲介役が値引きを提案した。
不動産の専門家によるこの判断は、両者にとって有益と計算されてのことです。
また、そういった経緯で値引きが進んだものの、あとほんの少しだけ値引きして欲しいと思うケースもあります。
そんな時は思い切って、「この価格にまで値引きしてくれたら購入を決める」ぐらいの言葉で、強い意志を示してください。
そうすることで、売り主も売却の具体的な道筋が見えてくるはずです。
特に早く売却したいと考えている方であれば、その効果は、より大きく発揮されるでしょう。

投稿日:

海外と日本、どちらで不動産投資をすると有効に資産活用できるでしょうか。

安定した資産作りの為に、毎月の家賃収入がある賃貸経営は非常に有効です。
また今、世界はインフレに傾いているので、不動産のような実物資産を持っていると将来の資産の目減りを防ぐこと、キャピタルゲインで資産を増やすことが期待できます。
ですが、今の日本で不動産投資をしてうまくでしょうか?
今、日本の空き室は800万戸以上あると言われています。
そして少子高齢化による人口減少によって空き室は増えていくでしょう。
更に、若い世代が仕事を求めて都市部へ移る事、高齢に伴い地方から施設に入居したり便利の良い都市部へ移る事が想像されます。
このことから、日本で不動産投資をするならば、インフレの恩恵と安定した家賃収入を得るには地域が限られてしまいます。
ならば、視野を広げて海外の不動産投資を検討してみてはどうでしょうか?
アジアの中には人口と経済成長が期待できる国があります。
なかでもお勧めなのはフィリピンです。
物価が安いので投資しやすいのはもちろん、銀行から非住居者にもノンリコースで不動産価格の8割を融資が受けられるのです。
そして家賃回収困難率が低いことでも知られています。
賃貸物件は半年から一年間の家賃を先払いすることが主流です。
利回りも12%前後と高く、空き室率も非常に低いことも魅力です。
それでもうまく行かなかった場合は、ノンリコースローンの制度で物件を手放せば支払の義務はなくなるのです。
またマレーシアは国策で外国人による不動産所有を推進しています。
東南アジア諸国では外国人が複数の不動産を自分名義でもてる唯一の国でもあります。
そんなマレーシアの不動産投資はキャピタルゲインが主流です。
建設中の物件を購入し、完成時に20%から30%の収益を期待して売却するのです。
マレーシア政府は2020年までに人口が1000万人にまで増加すると予想しています。
このことから都市集中化、不動産購入層拡大、多くの住宅需要が生まれることは確実と言われています。
売却の前に家賃収入をと考えた時にも、利回りは6%を超えるとされるので充分な収益になる事でしょう。
最初から、家賃収入を狙うなら、最長10年の家賃保証がセットされたもの、リゾートホテルのような内装と家具がセットされている物件を選ぶと良いでしょう。
また比較的、安く購入できる中古住宅でさえ値下がりの可能性は低く条件次第で多きく値上がりする場合もあります。
このように海外には日本とは違う制度、日本にはないメリットがあります。

投稿日:

賃貸や分譲の不動産はしっかりと探しましょう。

不動産賃貸はネットや、お店で探すことが容易です。
ネットでもある程度の情報を得る事ができますが、できれば現場に行って確認をしておきたいところです。
つまり賃貸や不動産はしっかりと探さないと後悔することになります。
ですから、今回はどういった点を注意するかを中心にコツを述べていこうと思います。
不動産の探し方のコツとしては、まず前もって調べておくことです。
勿論寸法や仕様、隣接地に何があるかは重要でしょう。
いかに大きな建物であっても職場が遠かったり、学校に遠ければ意味がありませんが、それ以上に大切なものがあります。
賃貸の場合ですと、よく仮住いという表現がありますが、一生のうちの何分の一を住む場所が仮であっていいはずはなく、見ておく面が多数あるでしょう。
まず繊細な人によっては、音が苦手な人がいらっしゃいますが、防音が駄目だと長く住むことができません。
そこで現場に行って、部屋の中で手でできれば強くたたいて、確認しましょう。
響きが返ってこない部屋は騒音の危険性が強いということになります。
勿論一カ所だけではなく、四方八方をノックすることが重要で、痛みを感じる場合は鉄筋コンクリートがしっかりと入っているので、防音がしっかりしていることになります。
反対に、それほど痛くない場合は、壁の鉄筋コンクリートは大したことがないので、音が響き安ということになります。
ですから、音が敏感な人は、周りの渋滞や電車を確認するだけでなく、こうした面もチェックしましょう。
もう一つ重要なのは、隣人です。
いかにいい物件でも隣人が厄介な人だと大変な事態になります。
これはその人に問題があるだけでなく、ごみの管理や音楽を鳴らす等の趣味に問題があるというパターンもあります。
それを察知する指標としては、まず賃貸の廊下や分譲住宅のまわりにごみが捨てられていないかをチェックしましょう。
それだけでなく周りの駐車場にごみやガムやタバコが捨てられている場合も黄色信号といえます。
これは管理がなされていない可能性があるからです。
そして隣人以上に注意すべきは大家さんです。
基本的にいい人が多いのですが、中には変な人がいる場合もあります。
できれば実際に住まれている人の話が聞ければいいでしょう。
この様に、分譲においても賃貸においても重要な要素は、中身の良さ以上に、騒音や隣人に注意したいところです。
しっかりとルールを知って、少しでもいい不動産に出会えることを祈っています。

投稿日:

不動産のお店に行くときの注意点とは

一般的に言えば不動産で利用するケースが何度もあるのは、アパートやマンションの賃貸といえます。
一度マイホームを買えば終わりかもしれませんが、基本的には何度も賃貸を移動することはあるもので、できればしっかりと納得のいく物件を手に入れたいです。
こうした物を探す方法としては、無料賃貸譲歩や、ネットの検索サイトを活用することが多いです。
しかし、最終的には不動産のお店に行って、あなたが決めるわけですから、今回はお店に行くときの注意点をいくつか述べたいと思います。
通常の営業もそうですが、いきなりお店に飛び込むのはあまりよくありません。
その理由は、いきなり訪ねた場合、相手のお店の人も急には物件を探せませんから、時間はかかりますし、仮に見つかっても不動産会社が休みであったり、大家さんとの連絡が取れないということはままあります。
ですから、時間をとって数日前からアポを取れば、相手方もいい物件を探せるだけでなく、場合によってはすぐに物件を見られるという可能性も出てきます。
結局は二度手間を防ぐことになります。
また、この業界は水曜日が休みの時がかなりありますから、営業日を確認しておくことも大切です。
次に案外軽視されがちですが、見た目は大切です。
やはり、賃貸という物件をお貸しするのですから、この人がしっかりと部屋を使ってくれるのか、家賃を払ってくれる人なのかを見た目で判断することがあります。
勿論人は見た目で判断するものではありませんが、何日も話しているならともかく、数十分しか話していないのに、すべてを判断できません。
ですから前述のアポを取る礼儀や見た目で判断の材料にされるのです。
そして、入居予定日は必ず明確にしておきます。
仮にわからないとしても、代々どのあたりに入居するかを伝える事は重要で、不動産会社も商売ですから、なるべく正確な日がわかっている人を相手にしたいものです。
例えば、今の物件が3月末に退去する場合、4月の初旬に入ってほしいわけで、これが4月くらいという人と、4/2に移動したい人では、後者の人に権利を譲りたくなるでしょう。
他にもあなたの条件は限りなく伝えていくのが重要です。
土壇場で「ペットがいます」であるとか「一人でなく同棲したい」といわれると、相手の業者さんも困惑します。
ですから、不動産探しは、実際の会社の面接や営業に似ているものがあります。
しっかりと、ルールや基本を守って求める物件を見つける事が重要です。

投稿日:

不動産の取得はその後の事も考えて

今から10年程前に、私はとある場所の土地を購入しました。
広さは大体100坪程度、購入価格自体はバブル期に比べるとはるかに安く、住宅ローンを組んで購入すれば手が届くくらいの金額でした。
その上に家を建てて、今はそこに住んでいます。
住宅について、あまり良く知らなかった私自身は、購入する時にはかなりのお金が必要となるという事は知っていましたが、その後はそれ程高くないと思い込んでいました。
しかし、実際には毎年かなり高い固定資産税と都市計画税を払う事になり、毎年4月の給料は全て税金に消えるというのをずっと続けています。
とはいっても、固定資産税の存在を知らなかったわけではありません。
私の実家自体は大体80坪程度の土地の上に家を建てていて、毎年両親がそれを払っているのを知っていたからです。
ただ考えていなかったのは、不動産の価格と言うのはその土地によって大幅に違うという事でした。
固定資産税はその地価によって大きく変わってくるという事を全く考えていなかった私は、私の実家の固定資産税の10倍程度の金額を払う事になったという事を知り、衝撃を受けたこともあります。
またもう一つは都市計画税の存在です。
固定資産税を払うだけで良い場所もあれば、都市計画税を払わなければいけない場所も存在しています。
この税金の有無によっても納税額が大きく変わってくるため、決して軽視して良いポイントとは言えません。
私の場合はこの金額も大きく高額になっているので、我が家の家計にとって大きな負担となっています。
不動産の取得と言う事を考える場合、自分の予算の範囲内でも入手できるか、欲しいと思っている地域の物を手に入れる事が出来るかなど、どうしても入手する所までを考えてしまいがちです。
確かに手に入れる事が出来るかどうか、と言う事は大きなポイントになります。
しかし実際にはそれだけでなく、入手してからの税金についてもしっかりと目を向けて置く必要があると言って良いでしょう。
実際に私の家の場合は4月、5月は固定資産税と都市計画税、自動車税のお陰で殆どの収入が無くなってしまう程です。
最初からこれだけお金が必要となるという事を知っていたならば、きっと今の土地を手に入れるという事は無かったでしょう。
それ位大きな負担になってしまうこともあるので、今土地を買おうかな、家を買おうかなと思っている人は、固定資産税・都市計画税についてもしっかりと目を向けておく事をお勧めします。

投稿日:

物件を借りるならいい不動産屋を探そう

都市部でも農村部でも、遠くから来た人がまず住居を確保するためには、アパートなどを借りる必要があります。
この際に必要なのが不動産屋で、その地域の物件を多数とりそろえ、さまざまなデータを提供してくれるお店が多いです。
同じ物件でも複数の不動産屋が紹介しているケースもあり、それぞれ条件が微妙に異なるので、比較して一番条件がいいところを選びましょう。
今はインターネットで見積もりもできますし、わざわざ店舗まで行かなくてもある程度の情報はネット上で仕入れることができます。
私は一人暮らしをする際に、地域の不動産屋を4つほどまわりました。
よくよく調べてみると、1つの物件に関してそのうち3つで紹介していたので、一番いい条件のところで実際に物件を見せてもらうことにしたわけです。
他の不動産屋でも同じ物件を見せるわけですから、そんなに違いはないと思われがちですが、本当に微妙な部分のサービスが異なっていたり、家賃関係の交渉ができたりと、違いは確実にあります。
特に家賃についてはしっかりと比較検討をして、少しでも安くできるように交渉をしましょう。
毎月のようにお金を払う側としては、自治会費や駐車場代、その他いろいろな面での経費などは注意すべき事項です。
学生向け物件や家族向け物件など、不動産にはたくさんの種類があり、それぞれよい点、悪い点が必ずあります。
不動産屋によっては長所も短所もあますところなく伝えてくれることがあり、どの業者も実際に物件を見せてくれるので、できるだけ時間を作って物件を見に行きましょう。
過去に一度だけ物件の下見をしないでアパートを借りたことがありましたが、入居してから日当たりが悪いことに気づき、対策に苦慮したことがありました。
不動産屋は聞けばたいていのことは教えてくれるので、恐れずなんでも聞くといいでしょう。
家族でアパートを借りる場合などは、少なくとも3年は続けて住むことを想定して借りるケースが多いです。
フローリングかたたみがいたんでいないか、日当たりはいいか、長く住むのに適した環境かなど、実際に物件を見ないとわからないことはたくさんあります。
家賃の振込みシステムなども不動産屋で聞けば丁寧に教えてくれるので、聞けることはすべて聞いておくのが得策です。
アパート暮らしが長くなればなるほど、不動産屋のありがたみが身にしみてわかります。
彼らを上手に利用し、少しでも条件のいい物件を探しましょう。

投稿日:

老後には不動産が注目されています

国民年金の受給も、年々頻拍して行っている昨今、多く世帯が不安になるのが
暮らしていけるかという問題です。
最近では老後破たんとも言われているくらい、バブルの影響でローン支払いに追われて、貯蓄することもままにならずに破たんする年配者が増えています。
いつまでも元気で働けるのであれば良いですが、年老いていけば働くこともできず、働いていたとしても長時間労働はまずはムリです。
そんな老後を不安に抱く若い世代も少なくありません。
ゆえに、今注目されているのが老後不動産経営です。
若いときに賃貸アパートやマンションの経営をしていくことで、老後の不安を回避しようとしている人が増えています。
賃貸経営であれば、毎月の収入が入りますし、若い世代から支払っていくことで、負担額も減ります。
時には、経営するアパートに住み、他から家賃を貰って暮らしている人もいます。
では、どうやったら不動産を経営することが出来るのかです。
今の時代はコンサルタントをしている所も多くあり、講習会などの募集も多くあります。
参加することで、不動産の知識を得ていくことが出来ますし、また今後の未来も明るくなるとして、前向き検討をしている世帯もいます。
また、不動産だけでなく住宅メーカーでも土地さえあれば建物を安く作ることが出来ます。
アパートを建てたら、相当な金額になってしまうから経営なんて無理だと思っていたら、土地込みで一戸建てを購入する金額で買うことが出来ます。
老後に不安を感じたら、不動産経営を視野に検討してみてはどうでしょうか。
資産を作ることが出来るだけでなく、子どもたちにも資産を残すことが出来るのです。
また、老後を考えて自分の家を検討しているのであれば、建て替えをするのであればアパート兼用住まいというのも良いでしょう。
賃貸経営をするのであれば、講習会に参加して学ぶだけでなく、不動産へ行って相談をしてみるのもまた良い手です。
さらに収入が少ない人であれば、賃貸経営をすることで収入からローンを支払っていけます。
支払い終えたころには、老後の貯蓄も出来ますし、また会社を定年退職した後にも土地が働いてくれますから、楽して収入を得ることが出来ます。
自分の老後は自分で考える、賃貸経営を考えて将来に備えてみませんか。
生活保護を受ける年配者は、年々増え続けていますから、そうならないように
いまから準備をしておくことも大事です。
これからの未来は明るい物とし、穏やかな人生を送っていきましょう。

投稿日:

広尾ガーデンヒルズの業者選びでは対応の良さを重視することが大切

不動産を購入するにしても、借りるにしても、対応の良い不動産会社で探すことが大事だと思います。
実は、以前、対応の悪い不動産会社を訪れてしまったことがあり、とても嫌な思いをしたことがずっと心に残ってしまっているのです。
賃貸の場合、特にこの点は重要だと思います。

と言うのも、借りている間は何かと不動産会社に連絡を取ることになるからです。
対応が悪いと、住んでから困ったことが起きても対応してもらえないことがあります。
それが大きなトラブルに繋がってしまうこともあるので、注意が必要です。

house

借りる前に、良い不動産会社かどうか、見極められるようにすることがポイントです。
何度か賃貸契約をするうちに、良いところと悪いところの見極めがつくようになってきました。
まず、インターネットで評判を調べてみることが大事です。
対応の悪いところは、必ずと言っていいほど、口コミ情報サイトなどに載っています。
それからもちろん、実際に店舗を訪れて、担当スタッフと話をしてみることも大事です。
やりとりがスムーズにいかなかったり、対応が悪かったりすることがあるのなら、無理にその不動産会社で決める必要もありません。
別の不動産会社を訪れて、比較してからまた戻ることもできます。
このようにして、より良い不動産会社を探すようにしています。
比較するようになってからは、失敗することもなくなりました。

一社で決めるのではなく、できれば二社以上は比較した方がいいと思います。
また、同じ不動産会社であっても、店舗によって対応が違うこともあるので、その点も注意が必要です。
最近は、全てインターネットで済ませられるようになってきていますが、実際に足を運んでみることも重要だと思います。
特に、物件はパソコン画面上で見たものと、目の当たりにしたものとでは、随分と違いがあるからです。

内覧もしっかり行うことをお勧めします。
そして何よりも広尾ガーデンヒルズなどの高級賃貸では特に契約書は隅々までチェックしておくことが大事です。
住む時は楽でも、退居する時に何かトラブルが生じることもあるからです。
退居の方法も事前に確認しておくことをお勧めします。

何度か不動産会社を訪れるようになると、店舗に入った瞬間で良い不動産会社かどうか判断できるようになってきます。
雰囲気がにじみ出ていることがあるからです。
初めて一人暮らしをするという人は慣れていないので、一人で訪れるのではなく、慣れている人や両親と一緒に訪れた方がいいかもしれません。